初めての方へ

– 初めて治療をお受けになる患者様へ –

当院初診時のご案内です。
下記の1~6の順の通りでございます。

1. 受付にて初診カード・問診表等をご記入いただきます。
※① 事前予約された方は、受付にてお名前をお知らせ下さい。
※② 問診表の他に症状により詳細な調査票をご記入していただく場合もございます。

2. 順番が参りましたら、ご案内いたします。
※① ご予約せずご来院された方は、お待ちになられるお時間が長くなることがございます。

3. 詳細な問診および検査を行い、患者様の状態・状況を把握し、現状をご説明いたします。

4. 患者様に合わせた鍼治療を開始いたします。
※① 患部が露出しやすい服装になっていただきます(専用のお着替えはございません)。

5. 鍼治療後、再度評価を取り、治療前の状態と比較し終了いたします。

6. お会計および次回のご予約を受付にておこないます。

注) 万が一、治療が遅延している場合(初診や難治療のため)は、再度お待ちしていただく場合がございます。皆様のご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

注) 当日、発熱(37.5度以上)している場合、飲酒されている場合、精神錯乱されている場合、重度の感染症や伝染病を患っている方は、治療不適応とさせていただいております。

注) 詳細な問診および検査を行い、患者様の状態・状況を把握し、鍼治療不適応と判断した場合、かかりつけの医療機関や当院が推奨します医療機関へご紹介することもあります。

よくある質問 Q&A

Q1.鍼灸ってどんな症状に効くの?
→頭痛や肩こり、顔面神経麻痺(ベル麻痺)、めまい(頚性めまいなど)、軽度の耳鳴り、頚肩腕症候群、いわゆる五十肩、肋間神経痛、背中の痛み、腰痛、坐骨神経痛、膝関節痛、スポーツ障害、関節リウマチなどの痛みや麻痺性疾患に効果があります。また、お腹の悩み(胃痛・胃もたれ・膨満感・慢性の軟便や下痢および便秘)や生理痛、足の冷え、排尿・排便障害(頻尿や軽度の便失禁)、軽度高血圧、膠原病に起因するレイノー現象や乾燥症状等の自律神経機能異常にも有効です。

Q2.鍼って痛くないの?
→ほとんど痛くありません(痛みは感覚のため個人差があります)。

Q3.お灸は熱くないんですか?
→日常経験するヤケドのような熱さとは異なり、患部に対し直接行うお灸は、瞬間的に『チクッ』とする感覚と熱さが体に入るような『ズーン』とした感覚があります。また、患部から少し離して行う温めるタイプのお灸は、温かくて心地よい感覚です。

Q4.鍼灸をやって、余計に悪くなる事は無い?
→余計に悪くなることはありません。しかし、初めての方や回復時期にあたる方は、感覚の変化から倦怠感がでることもありますが、ほとんど問題ありません。

Q5.鍼って使い捨て?
→当院では、すべて使い捨ての鍼を使用しております。

Q6. 妊婦でも大丈夫?
→安定期を過ぎれば、ほとんど問題ありません。注意を払って行います。

Q7. 保険って使えるの?
→当院では原則、自費診療となっております。保険治療(労災・交通事故含む)については、ご相談下さい。

Q8.電気はりって何?
→低周波機器(1Hz~100Hz)を用いた鍼通電療法で、患部に対して鍼を刺した部分に低周波でリズミカルに刺激し、症状を緩和させる方法の一つです。

Q9.どんな服を着ていけばいいの?
→患部(症状のあるところ)を出しやすい服装でお越し(またはご準備)下さい。

※その他にも症状や治療法など、質問・疑問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

© Copyright はり・きゅう健心会 / Hari・Kyû KenShinKai Clinic of Acupuncture and Moxibustion. All Rights Reserved.